大山加奈の旦那さんはどんな人?妹も凄い?家族や経歴についても調査

元女子バレーボール日本代表選手として有名な大山加奈(おおやま かな)さん。

かつて栗原恵さんと共に「メグカナ」としてブレイクし、誰もが応援していたバレーボール選手ですね!

今回は、大山加奈さんの結婚した旦那さんや家族について調査していきます!

スポンサーリンク



大山加奈 プロフィール

本名:大山加奈
生年月日:1984年6月19日
出身地:東京都江戸川区
身長:187cm
血液型:O型

 

大山加奈は結婚していた!旦那はどんな人?

https://www.instagram.com/p/B1L76o3lDjp/?utm_source=ig_web_copy_link

大山加奈さんは2015年9月28日、一般男性と結婚したことを発表しました。

自身のブログにて公表したのですが、お相手の男性は一般人のために名前、年齢など詳細を非公表にしていました。

しばらく旦那さんの情報についてはわからず終いだったのですが、大山加奈さんのインスタグラムにて旦那さんが登場していました!

写真を見てみると、とてもさわやかなイケメンですね!熊本県八代市出身で、緒方勝さんという方です。

お仕事は「全日本男子バレーボールチーム」など多くのアスリートを治療しているメディカルトレーナーです!

元全日本男子バレーボール選手として培った経験を活かして整体師、柔道整復師としても活躍しています。

大山加奈さんの好きなタイプは「引っ張っていってくれる人」で、嫌いなタイプは「草食系」なんだとか。

意外にも大山加奈さんは他人と競い合うのが苦手で、高校の恩師からもアスリートには向いていないといわれたそうです。

そんな内向的で穏やかな大山加奈さんをリードしてくれるのが、現在の旦那さんなのでしょう!

 

大山加奈が急遽結婚式を挙げた理由は?

晴れて2015年に結婚した2人ですが、実は当初結婚式を挙げない予定でした。

しかし急遽、2016年3月に結婚式をとり行うことになりました

親族のみでおこなった結婚式だったのですが、急遽おこなった理由には大山加奈さんの母親、叔母の病気が関わっていました。

 

なんと2015年末に、大山加奈さんの母親と叔母が膵臓がんになってしまいます。しかも2人ともステージ4という末期の状態でした。

あまりの出来事に大山加奈さんはショックを受けてしまい、立ち直るまでにかなり時間を要しました。

 

そんなときに支えてくれたのが旦那さんでした。

大山加奈さんは母親と叔母を喜ばせるため、自身の花嫁姿を見せるために結婚式を挙げることを決めました。

急遽結婚式を挙げたので準備期間も少ない中、とにかく2人が結婚式当日まで元気でいてくれることだけを祈っていました。

そして無事結婚式を挙げた後、叔母は1か月後にこの世を去りました。

 

母親はそれから1年半の闘病生活をおくり、2017年5月にこの世を去りました。

お2人の病気を公表したのは、何か治療に役立つような情報が手に入るかも、という思いがあったからだそうです。

また同じ病気と闘うひとたちと励まし合えるという希望もあったそうです。

お母さんと叔母さんのことは大変残念でしたが、花嫁姿を見せることができて本当によかったですね!

スポンサーリンク



大山加奈の家族は?妹がすごいと話題に!

https://www.instagram.com/p/Bqhj_25B9Dy/?utm_source=ig_web_copy_link

大山加奈さんには弟と妹がいます。そして1歳下の妹は以前テレビ番組「消えた天才」で紹介されていました!

「常に目標であり憧れの存在」というその妹さんは、大山未希さんといいます。

小学生~高校生まで日本一となって、将来は日の丸を背負う選手だと期待されていました。

 

しかし24歳のときに突然バレーボールを辞めてしまいます

美希さんは姉よりバレーのセンスがあり、大山加奈さんが妹には絶対勝てない!と断言するほどでした。

美希さんはどのポジションでも器用にこなし、挫折を知らないバレーボール人生だったそうです。

高校卒業後はVリーグの名門であるチーム東レ・アローズに入団します。

 

期待の選手が入団したということでかなり期待されており、常に注目の的だった美希さん。

誰もが日本代表選手になると思っていたのですが、なかなか日本代表に選ばれない日々を送ります。

日本代表のアタッカーは、平均身長が185cmとかなりの高身長で、姉の大山加奈さんも187cmと高身長です。

 

しかし未希さんは179cmと少々身長が足りず、日本代表を目指すためにセッターに転向します。

最初はなかなか良いトスを上げることができず、チームメイトにも嫌な顔をされることが多かったようです。

精神的にもどんどん追い込まれてしまいますが、姉・加奈さんと共にコートに立つことだけを目標にひたすら練習に励みました。

当時、大山加奈さんは腰を痛めていてリハビリ生活を余儀なくされていましたが、姉妹でお互いを支え合っていました。

その甲斐あって2008~2010年とVリーグ三連覇を達成し、日本一となりました!

しかし日本代表に選ばれることはかなわず、東レ・アローズを退団しビーチバレーボール選手に転向しました。

そして2015年に現役を引退することを発表します。

姉妹で同じ日本代表のコートにたつという夢はかないませんでしたが、バレーボールに情熱をそそいだ経験は今後も活かされることでしょう!

 

大山加奈の経歴について!

大山加奈さんは小学2年生のときにひまわりバレーボールクラブに入ります。

もともと喘息もちだったこともあり、かなりのハンデがありましたが、バレーボールに打ち込んで克服します。

小学6年生の時点ですでに175cmを超えており、全日本バレーボール小学生大会で全国制覇を達成します。

 

金の卵として注目される存在だった大山加奈さんは、中高で主将をつとめ、インターハイ・国体・春高バレーの3冠を成し遂げます。

成徳学園高校は、荒木絵里香さんや木村沙織さんなど有名選手を輩出したバレーの名門校です。

 

かなり順調なバレーボール人生に思えますが、もとは内向的な性格で前に出たくないタイプだった大山加奈さん。

日本一を目指すためにかなりの努力をしていたみたいです。その姿勢に尊敬しかありませんね!

 

大山加奈の経歴について。プロ時代は?

大山加奈さんは2001年に全日本代表に初めて選ばれました

翌年の日米対抗で代表デビューし、釜山アジア大会に高校生で出場したのは大山加奈さんだけでした。

東レ・アローズに入団し、同年のワールドカップでは栗原恵さんと『メグカナ19才コンビ』としてブレイクします。

その強靭なスパイクを武器にして新時代の大砲と注目されます。

 

アテネオリンピックにも出場しますが、2005年には持病の腰痛が悪化し、ワールドグランプリを欠場します。

翌年のワールドグランプリ出場は果たしましたが、右肩関節不安定症で世界選手権も欠場となります。

その後も度重なる腰痛に悩まされ、2010年6月に現役引退を表明しました。

 

東レの一般社員となった大山加奈さんは、日本バレーボールリーグ機構に出向したりとバレー関係の仕事に就きます。

広報担当としいてバレーボールの普及活動にあたり、ワールドカップでバレーボール中継を務めるなど活躍します。

2014年にはARS所属となり、変わらずバレーボールの普及活動に勤しんでいるようです。

 

大山加奈まとめ

https://twitter.com/fujitv_volley1/status/1174602702182989826?s=20

今回は元女子バレーボール日本代表・大山加奈さんについて調査しました。もう一度情報をまとめてみましょう。

  • 大山加奈は結婚していた!お相手は元男子バレーボール日本代表で現メディカルトレーナーの緒方勝!
  • 大山加奈は癌になった母・叔母のために急遽結婚式を挙げた!
  • 大山加奈の妹は元バレーボール選手!将来を期待されていたが24歳の若さで引退。
  • 大山加奈の経歴がすごい!小・中・高と日本代表に輝いた!
  • 大山加奈は日本代表時代「メグカナ」コンビで一斉を風靡。度重なる怪我で2010年に現役引退。

現在もバレーボールにかかわるお仕事で頑張っている大山加奈さん。

スポンサーリンク

今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です