上田彩瑛の親は超有名人?四天王寺高校で模試の成績も凄い!兄妹も東大でバレエもめっちゃくちゃ上手い

現役東大生のタレントとして知られる上田彩瑛さん。東京大学最難関の理科三類に合格し、ミス東大にも選ばれた才色兼備ですね!

そんな完璧な才女である上田彩瑛さんですが、どうやら親もすごい人みたいなんです。

今回は、上田彩瑛さんについて様々な情報を調査しました!

 

スポンサーリンク



上田彩瑛プロフィール

  • 氏名:上田彩瑛(うえだ さえ)
  • 出身地:大阪市大阪府
  • 生年月日:2000年8月14日
  • 身長:158㎝
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:ワタナベエンターテイメント

 

スポンサーリンク



上田彩瑛の親は超有名人?

東大最難関といわれる理科三類(偏差値79)に現役合格した若き天才、上田彩瑛さん。

そんな上田彩瑛さんを育て上げた母親も、ものすごい人なんです。一般人のため顔画像や名前は明かされていないのが残念ですね。

母は中高の英語教師をされているのですが、教職のかたわら、大学院にも通っていたとか。

 

通っていたのは、上田彩瑛さんがまだ小学校4年生のときですから、子育てにも手がかかる時期ですよね。

それなのに自身の学力向上の単に大学院に通うなんて、その意欲と努力家な姿勢は見習いたいですね。

上田彩瑛さんはそんな母親を見て育ったため、「勉強する」ということに昔から抵抗がなかったそうです。

 

上田彩瑛さんはダンスも得意なのですが、なんと母親もダンススクールに通っていたそうです。

親子で同じダンススクールに通うとは・・・母のバイタリティには脱帽です。

 

上田彩瑛さんがお笑い大好きなのも母からの影響で、吉本新喜劇、『THE MANZAI』など、お笑い番組はすべて録画し、面白い漫才をチョイスした動画を編集するほどのハマりっぷりだそうです。

上田彩瑛さんが成長する上でかなりの影響をあたえた母親ですが、母自身はあまり頼りにならなかったのでは、と自虐気味に話しているそうです。

 

上田彩瑛さんが幼稚園生のころ、おしゃべりに夢中になるあまり娘を置いてきてしまったり、中学入試のときに地図を持たなかったため迷子になったり・・・

少々天然な部分もあるようですが、かわいらしい範囲ですよね。そのため、余計に上田彩瑛さんがしっかり育ったみたいですね。

 

上田彩瑛さんいわく、母は「母というより姉のよう」だとか。親子の関係がとても良好で、今でも仲良しなことがうかがえますね。

そのため、上田彩瑛さんには反抗期がなく、常に学びの姿勢をもっている母を世界一尊敬しているそうです。

 

上田彩瑛さんがミス東大に出場するときも母に報告し、「やりたいことはなんでもやってみよう」精神の母は快諾してくれたそうです。

上田彩瑛さんは高校一年生の時にインフルエンザの予防接種を受け、その後体調不良で倒れてしまったことがありました。

 

そのときに原因がわからないのままにしたくないと思い、医学部に入れば分かるのでは、と考えたそうです。

母はそのときもそばにいて、上田彩瑛さんが回復したときに最初に出た言葉が「悔しい」だったそうです。

 

原因がわからず不安になっている患者さんの役に立ちたいと思い、自ら東大理三を受験したいと言ったようですね。

もちろん母は、娘のやりたいようにやりなさいと応援してくれたそうです。とても頼りになる母ですね。

 

四天王寺高校で模試の成績も凄い!

大阪市出身の上田彩瑛さんは、関西屈指の女子進学校である四天王寺中学~高校(偏差値:50~74)に通っていました。

この学校は文武両道で、卓球の石川佳純さんや、バレーボールの五輪代表選手がいたスポーツ伝統校としても知られています。

「理数コース」「英数コース」「スポーツ、芸能コース」という3つのコースがあり、上田彩瑛さんは「理数コース」に在籍していたようですね。

 

高校在学時から常に成績は学年1位で、受験前に受けた模試の成績も、なんと大阪府1番の成績をおさめていたとか。

しかも1度ではなく、何度か1位を獲得していたそうで・・・その天才的な頭脳には驚きですね。

同級生いわく、高校で常に成績学年1番をキープしていたそうです。

 

そして、センター試験での点数は驚異の900点満点中858点

こんな点数をたたき出す人が世の中にはいるんですね・・・

しかし、上田彩瑛さんは勉強だけをしていたわけではなく、中学時代は塾にも通わずダンスレッスンを受ける毎日を送っていたようです。

 

ダンスはクラシックバレエ~ヒップホップまで幅広いジャンルのダンスが踊れるそうですよ。

また、昔からお笑いが好きだったので、放課後になると「なんばグランド花月」まで行き、好きな芸人の出入り待ちをしていたこともあったそうです。

 

そんなアクティブな上田彩瑛さんですが、医学部を志望するようになったのは、前述したように高校1年生のときだったみたいですね。

もともと四天王寺高校は女子高でありながらも、将来はバリバリキャリアを重ねて働きたい!という生徒が多かったそうです。

医師や弁護士など難関資格をとるために勉強に励む生徒も多く、中学時代に先生から「お前も医者を目指したら」と言われたことも大きかったようです。

 

高校のときは「鉄緑会」(東大・京大・国公立大医学部受験指導専門塾)に通い、周りにも理三を目指している生徒が多かったのも影響を受けたとか。

東大は1、2年の前期で教養を学ぶことができますし、数学好きな上田彩瑛さんにぴったりな環境だお思ったみたいですね。

 

東大理三受験を目指す人は、中学一年生から準備することが多いそうです。しかし、上田彩瑛さんは入試の一年前から準備を始めたそうです。

しかし、昔から記憶力が良く、1度テキストをパラっとめくれば暗記できるほどだったそうです。

 

そして、見事現役で東京理科三類に合格した上田彩瑛さん。将来の夢は、「人の役に立てるお医者さん」だそうです。

具体的には臨床医になるのが夢で、日夜勉強に励んでいます。

上田彩瑛さんの勉強法ですが、まずは基本の暗記からおこないます。

暗記のコツは関連づけて覚えることで、聖徳太子⇒推古天皇の摂政⇒大化の改新⇒飛鳥時代という感じです。

 

ひとつのストーリー仕立てにして覚えるようにすると、すーっと頭に入るようになるそうです。

そうはいってももともとの記憶力や自頭の良さがないと、短い準備期間で現役合格にはいたらないですよね。

やはり上田彩瑛さんは持って生まれた才能と、さすがの努力で合格を勝ち取ったのでしょう。

 

兄妹も東大出身なの?

上田彩瑛さんの家族構成についてですが、兄弟がいるかは不明でした。

しかし、上田彩瑛さんが「お兄ちゃん」と呼ぶ相手がいることが分かりました。

上田彩瑛さんさんと同じ2019年にミスター東大コンテストに出場し、グランプリに輝いたMr.東大・木瀬哲弥さんです。

 

現在23歳なので、年齢的には上田彩瑛さんより3つ上みたいですね。

本当の兄なのかと疑ってしまいますが、あくまで「お兄ちゃんと呼んでいるだけ」のようですね。

木瀬さんは上田彩瑛さんと同じくとっても整った顔立ちで、ミスター東大にふさわしいイケメンっぷりです。

そして、自分に対して謙遜ることもなく、セールスポイントをしっかりとアピールしているんですよね。

 

そのあたりの性格は日本人離れしていますし、ミスターコンテンスとに出場してグランプリに選ばれるのも納得です。

最近俳優としても活動しているみたいで、横浜流星さん主演舞台『巌流島』にもキャスティングされています。

「ミスター東大」という肩書もありますし、テレビで見る機会が増えるかもしれませんね。

 

上田彩瑛はバレエもめっちゃくちゃ上手い!

上田彩瑛さんは3歳から高校1年生までクラシックバレエを習っており、その美しい姿勢やスタイル抜群なところはバレエの影響かもしれませんね。

バレエはかなりの腕前だったようですし、さらにはダンスも得意なので本当になんでもできちゃうんですね。

 

ダンス部の発表会前はテスト間近でも関係なく、週六日で練習してたそうです。

中学生のころにダンスの披露した動画をTwitterに上げていたのですが・・・かなりキレッキレです!

上田彩瑛さんはミスコンに出場した際に「TWICE」のダンスを披露し、会場を大いに盛り上げていました。

 

上田彩瑛さんは才色兼備でその上運動神経も抜群だったんですね。何も欠点がないです・・・

その上お笑いも大好きで、ミスコンのときはゆりやんレトリィバァのモノマネを披露し、爆笑をとっていました。

ミスコンの運営者は「お笑いをやるミス東大は初めて見た」とかなり驚いたそうで、上田彩瑛さんが芸能事務所にスカウトされるのも納得ですよね。

 

まとめ

今回は上田彩瑛さんについて調査しました。もう一度情報をまとめてみましょう。

  • 上田彩瑛の母親は教師をしながら大学院に通っていた才女!ダンスもしていてバイタリティにあふれていた!
  • 上田彩瑛は高校時代学年1位の成績!模試では大阪府1位を何度もとっていた!
  • 上田彩瑛の兄弟構成は不明!ミスター東大の木瀬哲弥を「お兄ちゃん」と呼んでいた!
  • 上田彩瑛は3歳からクラシックバレエを習っていた!ミスコンではTWICEのダンスを披露!
スポンサーリンク

今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です