谷まりあハーフでスタイル抜群?学歴は早稲田で浪人のエピソードが凄い!?英語ペラペラの噂

みなさんこんにちは、今回はモデルの谷まりあさんについてです。

スタイル抜群の谷まりあさん。

どこのハールなのか?

 

学歴は早稲田のようですが学部はどこなのか?感動的な浪人エピソードも見ていきたいと思います。

英語がペラペラという説についても調べてみました。

テーマはこちらです。

 

「谷まりあハーフでスタイル抜群?学歴は早稲田で浪人のエピソードが凄い!?英語ペラペラの噂」

それでは順番にみていきましょう。

スポンサーリンク



 

谷まりあのプロフィール

出典:https://www.instagram.com/p/COplwbSr0n6/

  • 名前:谷まりあ
  • 生年月日:1995年7月28日(25歳)
  • 出身地:東京
  • 身長:160cm
  • 趣味:バレーボール、洋楽を聴くこと

 

スポンサーリンク



谷まりあはスタイル抜群でどこのハーフ

谷まりあさんは身長160cmとそこまで大きくはないです。

しかし、スタイルは抜群なんです。

谷まりあさんのスタイル抜群の画像を見ていきましょう。

出典:https://www.instagram.com/p/CO7cnkUr9YO/

出典:https://www.instagram.com/p/CGU6be4AGL5/

出典:https://www.instagram.com/p/CEjUa6tA_8c/

足めっちゃ長いですね〜。

めっちゃスタイル良いですよね〜。

足がめっちゃ長く見えます。

バランスが凄く良いんでしょうね。

 

そんな谷まりあさんはパキスタンと日本人のハーフなんです。

お母さんは日本人でお父さんがパキスタン人なんだそうです。

 

谷まりあさんのお母さんとお父さんの出会いのきっかけが凄いんです。

谷まりあさんのお母さんがパキスタン人にお金を騙し取られて家に「お金返せ〜」って押しかけたんだそうです。

そしたらたまたまそこにお金を貸した人とは別の、パキスタン人がいたそうです。

 

お母さんがたまたま家にいたその男性に一目惚れ。

その男性がかわりにお金を返してくれて二人は交際することになり、そのご結婚したそうです。

なかなか凄い出会い方ですよね〜。

 

谷まりあの学歴について

出典:https://www.instagram.com/p/CDsoHPmAtfl/

続いて谷まりあさんの学歴と浪人時代の感動的なエピソードを見ていきましょう。

 

大学は早稲田大学で学部は?

谷まりあさんは早稲田大学の商学部を卒業されました。

一浪のすえに早稲田大学の商学部に進学されたそうです。

早稲田大学商学部は偏差値65以上の超難関学部です。

 

早稲田大学商学部出身の有名人として以下の人があげられます。

  • 馬場典子
  • 三宅正治
  • やくみつる
  • 石田純一

インテリ芸能人がOB・OGに多くいるのがわかりますよね。

 

浪人のエピソードが感動的?

谷まりあさんは一浪して早稲田大学商学部に入学されます。

そもそも谷まりあさんは高校も千葉の有名進学校である専大松戸高校出身。

偏差値も高い高校なので大学も名門校入学を目指して受験勉強に励みます。

 

しかし現役のときは早稲田大学に不合格となります。

芸能活動が一時的にできなくなるけど、浪人してでも自分の第一志望の大学をめざすべきと受かってうた大学の入学を辞退して浪人。

朝の9時から夜の7時まで1日10時勉強していたそうです。

 

周りの友達で浪人していた人はおらず、高校にも属していなければ仕事もしていない。

そんな自分の存在意義が見いだせず自分を見失ってしまいそうになったこともあったそうです。

芸能活動している友達はキラキラしているのに自分は何しているの?

そう思ってしまったそうです。

 

しかし、ここで諦めてしまったら芸能界でも成功できないし、そんな甘いものではないと思ったそうです。

自分の人生の自分の選んだ道なので諦めたくないと思い勉強を続けたそうです。

しかしモデルとしての自分を見失わないように予備校にもお洒落で派手な格好で行って自分のアイデンティティーを保持したそうです。

 

そうして一浪のすえ早稲田大学商学部に入学。

葛藤を抱えながらもしっかり結果を出すというのは凄いし感動的ですね。

 

谷まりあは英語はペラペラってマジ?

谷まりあさんが英語も流暢に話せるんです。

というのも2008年彼女が12歳のころには、NHK教育テレビ「えいごでしゃべらないとJr.」のえいごキッズとしてレギュラー出演していたのです。

しかしその頃から英語が話せたわけではなく、高校に行ってから洋楽を聴いたりいろんな努力をして英語を身に着けたそうです。

 

ハーフだからと言って最初から話せたわけではないようです。

そもそもお父さんの母国の言葉はウルドゥー語ですし母親は日本人です。

 

ですからハーフだから他の日本人より英語に触れる機会があったとかではなくあくまで自分の努力で習得されたようです。

さすが早稲田大学に入るほど勉強する努力家さんだけのことはありますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

「谷まりあハーフでスタイル抜群?学歴は早稲田で浪人のエピソードが凄い!?英語ペラペラの噂」について見てきました。

  • 谷まりあハーフでスタイル抜群?→パキスタンと日本のハーフでスタイル抜群です。
  • 学歴は早稲田で浪人のエピソードが凄い!→早稲田大学商学部で浪人のときの努力が凄いです。
  • 英語ペラペラの噂→とても流暢な英語を話されます。

谷まりあさんについては以上になります。

最後までお付き合いいただき感謝いたします。

スポンサーリンク

また遊びに着てくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です